まだ若いから平気、と思っていては危険! 20代でも黒クマはできます。
では、20代の目元にできてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか。
また、その解決方法とは?

じっくりみていきましょう。

-主な原因とは?
20代でできる黒クマの原因はたるみです。
たるみを引き起こす要因はいくつかあります。

1.肌の老化
まだ早い、と思うかもしれませんが、20代の方でも老化現象は起き得るのです。
肌の老化は、年齢によるものだけではないです。
ターンオーバーの機能が低下したり、肌に必要な栄養分(コラーゲン)が足りなくなった場合にも起きるのです。
老化により、張っていた肌がたるんで、くぼみができてしまいます。
そのくぼみに影ができるのですが、これが黒クマなのです。

2.筋力の衰え
下まぶたの周囲にある皮膚は筋肉によって支えられています。
その部分の筋力が衰えてしまうと、支えきれずに、たるんでしまいます。
また、涙袋が突出したような状態になることもあります。
筋力が低下してたるんだことで生じるくぼみ、あるいは、涙袋の突出によって下にできる影も黒クマです。

3.乾燥
こちらは、1の老化現象に繋がるのですが、乾燥によって、肌を守る機能が低下すると、肌へダメージを与えることにもなるので、ターンオーバーが乱れてしまい、皮膚の再生能力が落ちるのです。
若いうちは、通常、ターンオーバーも活発です。
20代ですと、28日周期で訪れると言われています。
ですので、多少、肌に負荷がかかってしまっても、しばらくすると回復するのです。

しかし、乾燥で大きなダメージを与えてしまい、回復の周期が長くなったり、機能そのものが損なわれてしまうと、どうでしょう。
ダメージの蓄積が、回復を上回り、再生が間に合わなくなってしまうのです。
乾燥にはくれぐれも気をつけましょう。

4.紫外線
紫外線も、乾燥と同じくして、肌へダメージを与え、再生能力のもたらす効果を邪魔します。

こんなにたるみの原因となり得るものがあるのですね。

では、もし、たるみが生じて、黒クマができてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

-20代の黒クマ対策
自宅で簡単にできるケアにて解決する方法がございます。
それは、化粧品で改善に導く方法です。

スキンケアは基本的に毎日行うものですよね。
おそらく多くの方が、朝と夜に行っているかと思います。
ですので、朝と夜にスキンケアのひとつとして取り入れられるものがいいですよね。
それなら、アイキララが有効です。

アイキララには、たるみを改善するMGA(ビタミンC誘導体)が配合されています。
簡単に言うと、コラーゲンの生成を活発化させてくれる成分です。
何種類もあるビタミンC誘導体の中でも、非常に浸透力が高いので、少量でも高い効果が期待できます。
また、美白、保湿の効果がある成分もたっぷり配合されているので、目元の黒クマケアには最適です。
コラーゲンの減少と、乾燥を同時に防げますね。

さらに、目の周囲の筋力を強化するため、眼球やまぶたの運動も行うと効果アップです。

そして、忘れてはならないのが、紫外線対策。日差しが強くない日でも、紫外線は存在しますので、日焼け止めを使用しましょう。
目元は塗り残ししてしまいがちな部分ですので、きっちり塗りましょうね。
また、汗をかいてしまうと、日焼け止めが落ちますので、夏場は適度に塗りなおしましょう。

⇒アイキララの公式サイトはこちら