黒クマ

目元の黒クマの原因とアイキララが効果的なワケ

目の下の黒クマ、それは意外なことでできる?!
アイキララならなぜ改善できるの?

-目の下の黒クマ、その原因は?
まずは、原因についてみていきましょう。

クマには色々な種類があります。黒、青、茶クマなどです。
目元に出現したのがどのタイプのクマなのか、まずはチェックしてみましょう。

▼チェック方法
・鏡を見ながら顔を上へ向ける=薄くなった場合は黒クマの可能性大です
→大きな原因は、皮膚が痩せてしまうことです。
皮膚内部に存在しているコラーゲンが肌をふっくら持ち上げてくれているのですが、このコラーゲンが減少すると、ハリが失われてしまいます。皮膚そのものが痩せてしまうのです。

痩せるということは、皮膚が薄くなることですので、下の色素が透けてしまうことがあるのです。
また、まぶたの下の皮膚が薄くなることで、たるみが生じるため、目元の凹凸がくっきりしてしまい、影のように見えるのです。

元々、目の下の皮膚は、人間の皮膚の中で最も薄い箇所です。
そのため、大変デリケートでもあります。
コラーゲン減少の影響がかなり出やすいのです。

・目元の皮膚を下に引っ張る=薄くなった場合は青クマの可能性大です
→血行不良になると出やすいです。
血行が悪くなるのは、睡眠不足、TVやスマホ、PC画面の見すぎによる目元の疲労、体の冷え、食生活の乱れ、ストレスなどが原因です。

・皮膚を下へ引っ張っても、上を向くなど顔の角度を変えても色味に変化のない場合=茶クマの可能性大です
→色素沈着や乾燥が原因です。紫外線対策を強化し、アイメイクを落とすときやスキンケア時に強くこすらないようにしましょう。

色々な種類があるのですね。
黒クマはコラーゲン減少が大きな要因ですが、そもそもなぜ、減少するのでしょうか?

-コラーゲンはなぜ減少するのか
加齢によって、様々な機能が低下します。コラーゲンの分泌機能も低下してしまうため、減少するのです。

しかし、実際の年齢は若くても減少することがあります。
・間違ったスキンケア方法を続ける
・こする、強い刺激のものを塗布する、など、肌に負担をかける
・生活習慣の乱れなどから代謝が落ちる
などでも、肌が老化することがあります。

また、クマができたのにケアしないでいると、そのまま悪化する場合もあるので、可能な限り、早めにケアしましょうね。
それにはアイキララが良さそうですが、どうして黒クマが消えるのでしょうか?

-アイキララで消える理由
アイキララにはMGA(ビタミンC誘導体の一種)が配合されています。
MGAには、コラーゲンの生成を促し、肌をふっくら持ち上げる効果があります。
肌の内側から皮膚痩せ改善に働きかけてくれるのですね。

また、美白の特効薬や肌の漂白剤とも言われているハイドロキノンと同じくらいの強い美白作用もあります。
加齢によってくすんだ肌にも効果的なのです。

さらに、吸収率が高いので、しっかり浸透してくれます。
なので、少量の使用であっても高い効果が期待できるのです。

そのほかにも、保湿効果の高い成分も含んでいます。

だから、加齢によるコラーゲン減少起因のクマを消してくれるのですね。黒クマの悩みにはアイキララがおすすめです。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

目元のお悩み、黒クマと青クマの違いとは?

目元にできるクマ、実は種類があるのをご存知でしょうか。
その中でも、発生しやすいクマは、「黒クマ」と「青クマ」です。
どちらもクマですが、違いはあるのでしょうか?

ふたつにはどんな違いがあるのか、それぞれの見分け方、発生する原因、症状、改善方法についてまとめましたのでご覧ください。

-黒クマについて
▼主な原因
加齢や肌へ負荷がかかり続けたことで、皮膚内部で生成されるコラーゲンが減少することが主な原因です。
コラーゲンは、皮膚のハリや潤いに欠かせない成分です。
少なくなってしまうと、肌が痩せてたるみが発生します。

痩せるということは、皮膚が薄くなるわけですから、すぐ下にある色素が浮き出たように見えてしまうのです。
色素が透けてしまうのですね。

そして、たるんでいるため、眼球を守っている皮膚(まぶた)とその周囲の皮膚との境目がくっきりします。
眼球を守っている箇所は、中に眼球があるため、ふくらんでいますよね。そのすぐ下には骨がありますが、眼球と骨の間にはくぼみがあります。
くぼみがくっきりしてしまうのです。そうなると、くぼみのところに影ができてしまい、黒く見えるのです。
これが、黒クマの正体なのですね。

▼見分け方
顔を少し上へ向けてください。クマが薄く見えたなら、黒クマである可能性が高いです。

▼症状
発生している箇所に黒っぽいアイシャドーをつけているような感じに見えます。
墨のような真っ黒ではもちろんありませんが、透明度のある黒色といった印象です。

痛み、痒み、炎症などはございません。

そのまま放っておいても、害のあるものではないです。
でも、黒クマがあるだけで、疲れ顔になるので、治せるなら治したいですよね。

▼改善方法
コラーゲンの生成を活発化させて、ハリをもたらすと、改善されます。
クリニックで行われている、ヒアルロン酸注入や化粧品での改善方法があります。
化粧品の場合は、目元をふっくらさせてくれるビタミンC誘導体のMGA配合の商品が効果的です。

-青クマについて
▼主な原因
違いは、老化ではなく、血行が悪くなることが主な原因です。
血行不良によって、皮膚の下にある静脈が青く見えてしまうのです。

血行不良は、運動不足、目の疲労が要因です。
また、皮膚が元々薄い人は、青クマができやすいです。

▼見分け方
目の周りの皮膚を引っ張ってください。色が薄くなったなら、青クマである可能性が高いです。

▼症状
症状にも違いがございます。
目の下が薄い青色に見えます。

こちらも痛み、痒み、炎症などはございません。
放っておいても害はないですが治したいのも同じですね。

▼改善方法
目元の血行をよくすることが大切です。
血行をよくするには、
・パソコンなどのデスクワークを長時間する際は、適度にストレッチをする
・運動不足にならないようにする
・目が疲れる前に休憩する
・目薬や、目のストレッチ(開いて閉じる、を繰り返す)などを行う
などがあります。

体を直接温めることも効果的です。
・シャワーのみで済まさずに、湯船にゆっくり浸かる
・夏でも冷房で体が冷えないようにブランケットなどを使う

体を温める作用のある食べ物や飲み物も効果的です。
中でもショウガオールはおすすめです。
ショウガオールは体を芯から温めてくれます。手足の冷えにも効果的なので、血行促進にはぴったりです。
ショウガを薄くスライスして、蒸し器で熱を通します。
その後、重ならないように並べて、真夏ですと2日、真冬ですと7~10日程度天日干しして乾燥させれば完成です。
天日干し用のボックスタイプのネットなども販売されています。

温かい紅茶に入れると、風味もよく摂取しやすいですよ。その場合、紅茶が温かいうちに飲みきってください。飲み終えた後は、そのままショウガを食べてしまってもOKです。
尚、ショウガオールは冷蔵庫に入れると効果が少なくなってしまうのでご注意くださいね。

そのほか、化粧品でのケアも有効です。
こちらも、ビタミンC誘導体のMGA配合の商品おすすめです。
肌の奥へと働きかけ、目の下の皮膚を修復、強化してくれるため、透けにくくなる効果があります。

-まとめ
黒クマと青クマ、原因も改善方法も違いますが、ビタミンC誘導体のMGAが有効なのは共通しているのですね。
できたクマの種類によって、適切な改善方法を実行しましょう。

10代に発生する目元の黒クマ、その原因とは?

黒クマの主な原因は老化によるコラーゲン減少ですよね。
しかし、10代という若い年代でも、黒クマが目元に発生してしまうことがあります。

でも、いくら何でも10代でお肌の老化現象が始まっているとは思えない気がしませんか?
若い年代にできてしまう原因とは何なのでしょう。
調べましたので、早速、みていきましょう。

-10代にできる黒クマって?
実は、黒クマには2つの種類があるのです。

1つ目は加齢が主な原因であるもの。こちらは、加齢によって、皮膚が痩せてしまったことにより、目の下にくぼみができて、影を作っているのです。
上を向いたら、影が薄くなるのでしたら、このタイプの黒クマであるかと思われます。

2つ目ですが、こちらは、加齢がダイレクトな要因ではないです。10代の目元にあらわれるのはこちらのタイプが多いでしょう。
目の下にくぼみではなく、膨らみがあり、影を作っているタイプです。

膨らみというとわかりにくいですが、涙袋です。
涙袋は膨らんでいますよね。中には、眼窩脂肪という脂肪が入っています。
それを目の周囲にある筋肉が支えています。
しかし、筋力が低下すると、眼窩脂肪が突出してしまう可能性があるのです。
そうなると、膨らみによって影を作ることとなります。

黒クマの正体は筋力が衰えてしまった涙袋の影なのですね。

通常、若い方のほうが、筋力があります。しかし、目の周りの筋力低下は、10代という若い方でも起きる可能性があるのです。
反対に、50代になっても筋力があり、眼窩脂肪が突出しない方もおられます。

筋力が衰える原因はいくつかあります。
スタイルをキープ、あるいは体力づくりのために体を鍛えることはあっても目は中々鍛えませんよね。
普段から、目に力を入れずに、どちらかと言うと、ぼんやりとした表情でいることが多いと、筋力の低下が進みやすくなります。

美容皮膚科での治療もございますが、保険適用外ですし、永久的な効果を得られるものでもありません。
10代うちから始めてしまうと、そのまま生涯のうち何度も施術が必要になる可能性もあります。
もう少し、手軽な方法をとられるほうがいいかもしれないですね。

・眼球を大きく時計回りに回して次に反対周りに回す。2つで1セットとして5回くらい行う
・目をパッと開けたり、ギュッと閉じたり、強弱をつけた開閉を繰り返す
・口を下げるようにして、下まぶたの皮膚を引き下げてから、下まぶたを少し上げて半分目を閉じた状態にして5~10秒キープする
といったまぶたの運動でも少し改善されたり、予防できたりしますので試してみてくださいね。

また、コラーゲンの生成を活発化して、筋力が低下しても、肌をハリのある状態にしておくと、クマも緩和されます。
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・MGA(ビタミンC誘導体)
などが配合されているものがおすすめです。コラーゲン生成を活性化させ、乾燥を防いで保湿してくれる作用もあります。

目元のクマを発見したら、早めにケアを始めて、改善しましょう。

20代で目元にできる黒クマの原因と解決方法はこちら

まだ若いから平気、と思っていては危険! 20代でも黒クマはできます。
では、20代の目元にできてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか。
また、その解決方法とは?

じっくりみていきましょう。

-主な原因とは?
20代でできる黒クマの原因はたるみです。
たるみを引き起こす要因はいくつかあります。

1.肌の老化
まだ早い、と思うかもしれませんが、20代の方でも老化現象は起き得るのです。
肌の老化は、年齢によるものだけではないです。
ターンオーバーの機能が低下したり、肌に必要な栄養分(コラーゲン)が足りなくなった場合にも起きるのです。
老化により、張っていた肌がたるんで、くぼみができてしまいます。
そのくぼみに影ができるのですが、これが黒クマなのです。

2.筋力の衰え
下まぶたの周囲にある皮膚は筋肉によって支えられています。
その部分の筋力が衰えてしまうと、支えきれずに、たるんでしまいます。
また、涙袋が突出したような状態になることもあります。
筋力が低下してたるんだことで生じるくぼみ、あるいは、涙袋の突出によって下にできる影も黒クマです。

3.乾燥
こちらは、1の老化現象に繋がるのですが、乾燥によって、肌を守る機能が低下すると、肌へダメージを与えることにもなるので、ターンオーバーが乱れてしまい、皮膚の再生能力が落ちるのです。
若いうちは、通常、ターンオーバーも活発です。
20代ですと、28日周期で訪れると言われています。
ですので、多少、肌に負荷がかかってしまっても、しばらくすると回復するのです。

しかし、乾燥で大きなダメージを与えてしまい、回復の周期が長くなったり、機能そのものが損なわれてしまうと、どうでしょう。
ダメージの蓄積が、回復を上回り、再生が間に合わなくなってしまうのです。
乾燥にはくれぐれも気をつけましょう。

4.紫外線
紫外線も、乾燥と同じくして、肌へダメージを与え、再生能力のもたらす効果を邪魔します。

こんなにたるみの原因となり得るものがあるのですね。

では、もし、たるみが生じて、黒クマができてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

-20代の黒クマ対策
自宅で簡単にできるケアにて解決する方法がございます。
それは、化粧品で改善に導く方法です。

スキンケアは基本的に毎日行うものですよね。
おそらく多くの方が、朝と夜に行っているかと思います。
ですので、朝と夜にスキンケアのひとつとして取り入れられるものがいいですよね。
それなら、アイキララが有効です。

アイキララには、たるみを改善するMGA(ビタミンC誘導体)が配合されています。
簡単に言うと、コラーゲンの生成を活発化させてくれる成分です。
何種類もあるビタミンC誘導体の中でも、非常に浸透力が高いので、少量でも高い効果が期待できます。
また、美白、保湿の効果がある成分もたっぷり配合されているので、目元の黒クマケアには最適です。
コラーゲンの減少と、乾燥を同時に防げますね。

さらに、目の周囲の筋力を強化するため、眼球やまぶたの運動も行うと効果アップです。

そして、忘れてはならないのが、紫外線対策。日差しが強くない日でも、紫外線は存在しますので、日焼け止めを使用しましょう。
目元は塗り残ししてしまいがちな部分ですので、きっちり塗りましょうね。
また、汗をかいてしまうと、日焼け止めが落ちますので、夏場は適度に塗りなおしましょう。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

黒クマをレーザーで治すなら何科? 費用や期間は?

・黒クマが目元にあらわれて、顔が老けてみえる
・疲れた印象をかもす黒クマを消したい
そんなお悩みは、レーザー治療でも解決できます。

黒クマを治療するなら何科へ行けばいいのか、どんな施術があるのか、費用や効果持続期間は? 詳細をまとめましたのでご覧ください。

-何科に行けばいい?
レーザー治療で黒クマを改善するには、美容皮膚科です。

◆ジェネシス
YAGレーザーとも呼ばれるます。照射することにより、コラーゲンの生成と血行促進を促します。
具体的には、真皮層を加熱し、線維芽細胞を刺激します。そして、長期に渡ってコラーゲンが生成され続ける環境を作り出すのです。
肌にハリや弾力が出てきて、血行もよくなるので、皮膚痩せに効果的とされています。

施術直前に皮膚を冷却する前準備があります。

▼費用
保険適用外です。
1度の施術で2万~3万円程度。5回行うと10万~15万円くらいですね。
クリニックによって、コースが設けられていることもありますので、お得な方法を利用しましょう。
5回コースで10万~15万程度が目安です。
※目安の費用であり、クリニックによって異なります

▼施術期間
3~4週間おきに、5回~10回、繰り返し行う必要があります。
施術自体の時間は40分程度です。

▼痛みの有無
照射される際に、少し温かく感じますが、痛みはないです。

▼効果持続期間
半年ほど効果が持続します。残念ながら、永久的なものではありませんので、定期的に再治療することも視野に入れておかれた方がいいです。
または、効果が持続している間に、化粧品や生活習慣の見直しなどで目元ケアのエイジングケアを行い、黒クマの発生を防止することも検討しましょう。

▼アフターケアについて
基本的にダウンタイムはほとんどなく、当日からメイクも入浴も可能です。
削るタイプではないので、ダウンタイムがないのは有難いですね。
ですが、肌へ刺激を与えたことに違いはありませんので、術後は肌をできるだけ休めるといいようです。
また、紫外線対策は怠らないようにしましょう。

◆サーマクールアイ
刺激が強い通常のサーマクールではなく、目元専用のサーマクールです。
ラジオ波を照射し、肌の深層部が刺激されることにより、コラーゲンの生成が促されます。

▼費用
保険適用外。
1回につき10万~20万円程度です。
※目安の費用であり、クリニックによって異なります

▼施術期間
1度の照射でしばらく効果が続くとされておりますが、複数回行う場合は、3ヵ月~半年の期間を空けて再度施術ができます。
施術にかかる時間の目安は30分~1時間程度です。

▼痛みの有無
局部麻酔、点眼麻酔などを行います。
照射の際に、少し熱を感じることがありますが、麻酔の効果で痛みはないです。

▼効果持続期間
2ヵ月から4か月の間で効果が少しずつあらわれてきます。
持続期間は半年~1年程度です。

▼アフターケアについて
当日からメイクを行うことができます。ほぼダウンタイムがないことも利点です。

◆タイタン
近赤外線を用いた療法です。通常のレーザーよりも深い部分へ刺激を与えることができるとされています。
もたらす効果は、同じく、コラーゲン生成の促進によるたるみ改善です。
また、肌を引き締める効果もあります。

▼費用
保険適用外であり、1回の施術につき、2万~8万円程度です。
こちらもコースがあれば、利用したいところです。
※目安の費用であり、クリニックによって異なります

▼施術期間
3~4週間に1回、5回程度行います。
施術時間の目安は40分程度です。

▼痛みの有無
痛みはないです。

▼効果持続期間
半年程度です。

▼アフターケアについて
ダウンタイムがなく、当日から入浴・メイク可能。
こちらも肌を労わることと、紫外線対策はきっちりしておきましょう。

-レーザーについての注意点
多くのクリニックでお顔に金の糸などの金属を入れられている方、妊娠中の方は施術できないとされています。
また、皮膚に疾患のある場合も、施術ができない可能性があります。
まずは、美容皮膚科で相談してくださいね。

-まとめ
黒クマの元、たるみを改善してくれるレーザーも色々な種類があるのですね。
基本的にほぼダウンタイムがないことは嬉しいですが、保険適用外なので費用が高くなってしまいます。さらに効果の持続期間がそれほど長くないあたりは、少し考えてしまうところではないでしょうか。

上手に黒クマを消す(隠す)メイク術!

黒クマ、といえば目の下が黒く見えるタイプのクマですよね。
出現すると、その存在感たるや相当なもの。
どんなに元気で、笑顔を作っても疲れ顔に見えてしまいますもの。

ケアアイテムで改善していくのがいいと思いますが、一瞬で効果があらわれるものなんてないですよね。
改善されるまでの間、ずっと疲れ顔に見られるのは辛いものです。
そんなときはメイクで上手に消すのが一番です。

-黒クマを消す方法~準備~
まず、しっかりコスメが乗る肌を作りましょう。
化粧水やクリーム、化粧下地などで肌を整えるのですが、それぞれ1~3分程度、間を空けてから使うのが効果的です。
たとえば、化粧水の後、すぐに乳液を塗ってしまうと、まだ化粧水の肌にいい成分が浸透していないのに、次なる乳液が塗られることになってしまいます。
ひとつずつ、浸透させてから次のアイテムへいきましょう。

塗布してから、そのまま放置するよりも、手の平全体で押さえるように顔を包み込むとより効果的です。
肌が温まり、柔らかくなるのです。

お肌の準備が整ったら、メイクへ進みます。

-黒クマを消す方法~メイク~
このタイプのクマは色素沈着ではないので隠しにくいです。
皮膚が痩せて下の色素が透けているのですが、凹凸がはっきりしてしまっている点が厄介なのです。
言わば、クマのある箇所が窪んでいるのですから、持ち上げるしかないのです。

しかし、急に持ち上げることはできませんよね?
ですので、持ち上がって見える効果を与えましょう。

色素沈着であれば、マットなタイプのコンシーラーなどでさっと消すことが可能ですが、このタイプの場合は、パールやラメが配合されたコンシーラーを選ぶのがポイントです。
パールやラメが光ることによって、盛り上がって見える効果を得られます。
そして、コンシーラーの色自体は、ピンク系かベージュ系がおすすめです。

黒く見える箇所から、あまり広がらないように塗りましょう。
肌に負担のない柔らかい素材で、小さい範囲にも使える細めの平らな筆を使うと、塗りやすいですよ。
もし、筆で塗った後に、コンシーラーが浮いているようでしたら、指の腹でそっと押さえてなじませましょう。

しっかりなじんだら、次は、パウダーです。テカリを押さえて、境目を目立たなくしてくれます。
フィニッシング用の肌色のものがいいです。
もしくは、こちらも少しラメが入ったものでもいいでしょう。

その後、ファンデーションを重ねるのですが、固形のファンデーションをパフで塗ると、せっかく塗ったコンシーラーがパフに付着して取れてしまうことがあります。
リキッドタイプのものを選んで、指でトントンと軽く叩くようにつけましょう。
叩く、と言っても、刺激を与えないくらい優しくしてくださいね。

-黒クマを消す~お直し
長時間メイクをしていると、どうしても皮脂が浮いて来たりして、よれたり、落ちたりしてしまいますよね。
そんなときに便利なアイテムがあります。
それは綿棒です。
100円ショップに売っているような綿棒で大丈夫です。
先が細く尖ったものもありますが、おやめくださいね。
皮膚に刺さるため、怪我やダメージを与える元になってしまいますので。

まず、綿棒でよれたり崩れたりしている部分を、負荷をかけないように、そっと拭き取ります。
そして、新しい綿棒に、少しだけコンシーラーをつけ、崩れを取り去った箇所へ乗せるようにつけます。

ちなみに、就寝前、メイクを落としておかないとクマが悪化する恐れがありますので、クレンジングはきちんとしてくださいね。

-まとめ
黒クマが改善されるまでは隠すことができるのですね!
ケア中はメイクで消したいですね。