目元の黒クマの原因とアイキララが効果的なワケ

目の下の黒クマ、それは意外なことでできる?!
アイキララならなぜ改善できるの?

-目の下の黒クマ、その原因は?
まずは、原因についてみていきましょう。

クマには色々な種類があります。黒、青、茶クマなどです。
目元に出現したのがどのタイプのクマなのか、まずはチェックしてみましょう。

▼チェック方法
・鏡を見ながら顔を上へ向ける=薄くなった場合は黒クマの可能性大です
→大きな原因は、皮膚が痩せてしまうことです。
皮膚内部に存在しているコラーゲンが肌をふっくら持ち上げてくれているのですが、このコラーゲンが減少すると、ハリが失われてしまいます。皮膚そのものが痩せてしまうのです。

痩せるということは、皮膚が薄くなることですので、下の色素が透けてしまうことがあるのです。
また、まぶたの下の皮膚が薄くなることで、たるみが生じるため、目元の凹凸がくっきりしてしまい、影のように見えるのです。

元々、目の下の皮膚は、人間の皮膚の中で最も薄い箇所です。
そのため、大変デリケートでもあります。
コラーゲン減少の影響がかなり出やすいのです。

・目元の皮膚を下に引っ張る=薄くなった場合は青クマの可能性大です
→血行不良になると出やすいです。
血行が悪くなるのは、睡眠不足、TVやスマホ、PC画面の見すぎによる目元の疲労、体の冷え、食生活の乱れ、ストレスなどが原因です。

・皮膚を下へ引っ張っても、上を向くなど顔の角度を変えても色味に変化のない場合=茶クマの可能性大です
→色素沈着や乾燥が原因です。紫外線対策を強化し、アイメイクを落とすときやスキンケア時に強くこすらないようにしましょう。

色々な種類があるのですね。
黒クマはコラーゲン減少が大きな要因ですが、そもそもなぜ、減少するのでしょうか?

-コラーゲンはなぜ減少するのか
加齢によって、様々な機能が低下します。コラーゲンの分泌機能も低下してしまうため、減少するのです。

しかし、実際の年齢は若くても減少することがあります。
・間違ったスキンケア方法を続ける
・こする、強い刺激のものを塗布する、など、肌に負担をかける
・生活習慣の乱れなどから代謝が落ちる
などでも、肌が老化することがあります。

また、クマができたのにケアしないでいると、そのまま悪化する場合もあるので、可能な限り、早めにケアしましょうね。
それにはアイキララが良さそうですが、どうして黒クマが消えるのでしょうか?

-アイキララで消える理由
アイキララにはMGA(ビタミンC誘導体の一種)が配合されています。
MGAには、コラーゲンの生成を促し、肌をふっくら持ち上げる効果があります。
肌の内側から皮膚痩せ改善に働きかけてくれるのですね。

また、美白の特効薬や肌の漂白剤とも言われているハイドロキノンと同じくらいの強い美白作用もあります。
加齢によってくすんだ肌にも効果的なのです。

さらに、吸収率が高いので、しっかり浸透してくれます。
なので、少量の使用であっても高い効果が期待できるのです。

そのほかにも、保湿効果の高い成分も含んでいます。

だから、加齢によるコラーゲン減少起因のクマを消してくれるのですね。黒クマの悩みにはアイキララがおすすめです。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。