アイキララの効果が出てくるまでの期間はどのくらい?

目元のケアはとても大事です。目元の印象が若くて健康的だと、お顔全体も若々しく見えます。
アイキララは、目元のクマやシミに効くと好評ですが、使い始めて、どれくらいで効果がでてくるものなのでしょうか。

目安期間について調べました。

-効果がでるまでの目安期間はどれくらい?
悩みが同じだとしても、肌の状態はみんな同じではないですよね。
年齢、乾燥レベル、目元の状態、ライフスタイルによっても左右されます。

まず、効果を出やすくするため、左右の目元に使用する場合、
・一度の使用でワンプッシュ(左右の下まぶたに使用する適量)
・1日2回使用
・紫外線対策を行う
はしておきましょう。

その上で、2~3回程度のターンオーバーを待ちましょう。
2回以上のターンオーバー、これが目安期間です。

なぜなら、ターンオーバーが行われると肌が再生されます。
古くなった角質が剥がれ落ちて、新しい肌細胞が生まれるのです。
そして、ターンオーバーが行われるタイミングで、目元ケアの効果があらわれるからです。

しかし、目元の状態によっては、1回のターンオーバーでは満足できないこともあるため、2回以上が目安なのです。

さて、ターンオーバーの周期ですが、一般的には20代で28日周期であると言われています。
20代の方ですと、2回行われるまでに56日程度かかります。周期が乱れている可能性もあるので、もう少し長いかもしれません。
つまり、20代の方の目安期間は2~3ヵ月程度です。

長いように感じるかもしれませんが、大抵の改善・緩和作用のあるスキンケアアイテムは、ターンオーバーと関係していますので、このくらいの使用期間は必要です。
美は1日にしてならず、なのです。
それに、基本、スキンケアは毎日欠かさず行うものですので、目元にもう1つアイテムを追加するだけですと、それほど手間でもないですし、気軽に続けられるかと思います。

以下に、各年代の平均的なターンオーバーサイクルを掲載しますのでご参考になさってくださいね。
・10代=約20日
・20代=約28日
・30代=約40日
・40代=約55日
・50代=約75日
・60代=約100日

また、2回以上行われるまで、全く何の変化もないわけではないです。
乾燥が緩和されるといった嬉しい効果も得られるかと思います。

そんなアイキララは、長く使っていきたいアイテムでもあります。

-長く使いたい理由
年齢を重ねるとコラーゲンが減少するのですが、それをアイキララに配合されているMGA(ビタミンC誘導体の一種です)などが改善してくれます。そのため、クマ、たるみ、小皺などに効果があるのですね。
しかし、改善された後、やめてしまうと、いずれまたコラーゲンが減少していく可能性がありますよね。
アイキララを使い続けることで、目元ケアを継続していけますので、改善後もそのまま使うことをおすすめいたします。

また、アイキララには、美白作用もあるので、シミ対策も可能です。

-まとめ
目元対策・年齢肌対策にぴったりな商品なので、目安期間は2回以上のターンオーバーが行われる間=2~3ヵ月以上ですが、そのまま継続して使っていくのもアリですね!

アイキララが気になる方は、こちらの公式サイトをチェックしてください。

⇒アイキララの公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。